秋のダニ対策してますか?

2020年10月23日

秋も深まり日に日に肌寒くなってきました。

秋はぜんそくやアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状がでる人が増える時期だそうです。

原因として夏の間に繁殖したダニのフンや死骸が家にたまるためです。

目に見えない、どこに潜んでいるかわからないダニ!!

実は衣替えの今の時期がダニ対策に最適です。

 


なぜ秋がおすすめ??

ダニは高温多湿を好み、室温20~30℃・湿度60~80℃の環境で育ちやすく梅雨から夏が最も繁殖します。

寿命は3~4ヵ月のため9~10月の秋にかけてダニの死骸やフンなどアレル物質がどんどんたまります。

冬までため込まず、秋のうちにたまったアレルギーの原因であるハウスダストを掃除してダニの生育しにくい環境にしたいですね!

 


ダニが多い場所は???

  1. 布団
  2. カーペット
  3. ベット
  4. クローゼット

先ほどもお伝えしたようにダニは「高温多湿」と同時に「エサがある」この2つが整うと発生します。

布団やカーペット、ベットにはダニのエサとなるフケ・アカ・髪の毛など皮脂汚れが豊富にあります。

暗くて湿気のあるホコリが溜まりやすいクローゼントもダニが育ちやすい場所です。


掃除方法は??

■布団の掃除

人は季節にかかわらず一晩にコップ1杯の汗をかくと言われています。

シーツやまくらカバーどれくらいの頻度で交換していますか?

こまめに洗濯した方がよいのは分かっているけど、家族全員分のシーツを洗濯するのって結構大変ですよね・・

今の時期はカラッと晴れた秋晴れが多いので週に一度は洗濯するようにしたいですね。

布団は天日干しが有効です。10~14時に両面を干し、取り込む際は掃除機をかけて布団に残ったダニの死骸を取り除きましょう。

ダニのフンや死骸は水で洗い流せるため、枕や布団で洗えるものは丸洗いするのがおすすめです。


■カーペットの掃除

カーペットやラグマットなどは、普段から座ったり寝転がったりして汗や皮脂がついたり食べかすなどをエサにダニが繁殖しやすい環境です。

布団と同様にお天気の良い日はカーペットを天日干し、洗えるものであれば水洗いするのもよいです。

干した後は必ず丁寧に掃除機をかけてくださいね!!


■クローゼットや押入れの掃除

衣替えはしたけど掃除まではしてない・・というご家庭も多いと思います。

いつも閉め切っているため湿気がたまりやすく想像以上にダニが繁殖しています。

ホコリを掃除機で吸って雑巾で水拭きし扇風機やサーキュレーターを当てるなどしっかり乾燥させましょう!

普段なかなか掃除することのないクローゼントや押入れ、衣類や寝具を出す衣替えのタイミングで掃除するといいですね。

古くなった防虫シートの交換も忘れずに!!


大掃除は気候の良い秋のうちに済ませておくと良いと最近よく耳にします。

秋は乾燥した天気の良い日が多く洗濯に向いています。

窓全開にしても気持ちのよいこの時期、布団やカーペットを日光にあてて、クローゼットや押入れ、タンスの扉を開けて外の空気を入れるだけでも効果があります。

秋のダニ対策ぜひ実行してみてくださいね・・・

 

 

 

  • お問い合わせ
  • 資料請求
  • TEL0865-67-0011

    電話でお問い合わせ

    9:00−18:00(日、祝日休み)
  • LINEで友達登録
    友達追加で
    かんたん連絡

instagram

ご予約/お問い合わせ