ペットと快適に暮らすためのフローリング

2020年10月2日

最近ペットを室内で飼う人が多くなっています。

今年は特に新型コロナの影響で自宅で過ごす時間が多くなりペットに癒しを求める人が急増しているそうです。

家族の一員としてペットと暮らすためには、家のなかの床材はとても大切です。

今回はペットと暮らすためのフローリングについてご紹介します。


ペットに優しいフローリングの条件

■滑りにくいこと

室内で生活する中で一番ケガの多い場所はリビングだそうです。

理由として犬や猫、特に小型犬の場合滑りやすい床で身体を支えると股関節に負担がかかり関節の病気や脱臼、椎間板ヘルニアなどを発症するといわれています。

ペットの健康のためにも滑りにくい床材を選びましょう。

■傷がつきにくい

室内でペットと暮らしていると、歩いたり走ったりすることで爪傷がつくのは避けられません。特に猫の場合爪とぎをするためフローリングを引っかいてしまいます。

固くて傷のつきにくい、もしくは傷が目立たないものを選びましょう。

■お手入れがラク!

ペットはゴハンをこぼしたり抜け毛の掃除もなかなか大変です。

散歩から帰ってきて足を拭いたり洗ったりしますが、それでも床は汚れやすくなります。

トイレシートからはみ出したおしっこは、塗装していない無垢材では完全に取ることは難しくなります。

汚れたとしても簡単に拭き取ることができるものがおすすめです。

■臭いがつきにくい

自分では気にならなくてもペットがいるお家は特有のニオイがあります。

特におしっこや糞などの臭いは、消臭・除菌ができるスプレーやシートを利用してもフローリングに染みついてしまうとなかなか取れません。

臭いがつきにくい床材であることも大切なポイントです。


最近ではペット用の傷のつきにくいフローリングがあります。

床が滑りにくく、引っかき傷や汚れ・アンモニアにも強い、お手入れが簡単な消臭機能を持つものです。

【DAIKEN】ワンラブフロア

https://www.daiken.jp/flooring/lineup/10100021.html

また今ある床の上に貼ることができるペット用の床材というものもあり、これなら床をはがすことなく大掛かりなリフォームをする必要もありません。

大切なペットと長く元気に暮らすためのフローリング、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

  • お問い合わせ
  • 資料請求
  • TEL0865-67-0011

    電話でお問い合わせ

    9:00−18:00(日、祝日休み)
  • LINEで友達登録
    友達追加で
    かんたん連絡
ご予約/お問い合わせ