花のある暮らし!切り花を長持ちさせるコツ

2020年3月25日

花や緑が生活の中にあると、それだけで気分が明るくなり自然と心を和ませてくれます。

花のある暮らしというのは、忙しい毎日の疲れやストレスを癒してくれリラックス効果があると言われています。

部屋に飾ろうとせっかく買った切り花も、きちんとお世話しないとすぐ枯れてしまいます。

今回は切り花を長持ちさせるためのコツをご紹介します。

〇水切りをする

茎の切り口は空気に触れてしまうと、そこから空気が入って水を吸い上げられなくなります。水切りすることによって、切り口から空気が入ることなく水を吸い上げることができます。必ず水切りをしてから花を活けるようにしましょう。

〇花瓶の水は清潔にする

水を清潔に保つことは切り花を長持ちさせる上では基本です。水はこまめに取り換え清潔な状態を保ちましょう。目安としては毎日または2日に1回は水換えをしましょう水換えの際は花瓶をすすぐだけでなく、できればスポンジなどを使用してしっかり洗いましょう。切り口の茎の部分がヌルヌルしていれば、よく洗い流してください。この時、さらに水切りで茎の切り口を新しくしてあげると、水の吸い上げが良くなり花が長持ちします。

〇適度に葉や蕾を摘む 

切り花に葉が多くついている場合、葉を少し摘んで減らしましょう。葉が多すぎると、葉から出ていく水分が増え早くしおれてしまいます。蕾も同様にたくさんついていると、栄養分が取られてしまい結果どの蕾も栄養不足で咲かなくなってしまったり、咲いている花の持ちが悪くなります。バランスを見ながら葉や蕾を摘んで調節しましょう。

〇花瓶の水の量は3~5cm 

花瓶に水をたっぷり入れていませんか?実はそれは間違いです。水をたっぷり入れた花瓶に切り花を入れてしまうと、茎の部分が多く水に浸かるので痛みやすくなります。花瓶の水は底から3~5cmの水で十分です。こまめに水を換えて切り花を活けるようにしましょう。

〇花は適した場所に  

切り花は置き場所によって楽しめる期間が違ってきます。直射日光やエアコンの風が当たるところは水分が奪われ乾燥してしまうので避けましょう。室内の涼しい場所に飾って少しでも長く楽しみましょう。

切り花は、ほんのひと手間をかけることで生き生きと長持ちさせることができます。

切り花を長持ちさせるコツを活用して、花のある暮らしを楽しみませんか。

 

 

 

 

 

 

  • お問い合わせ
  • 資料請求
  • TEL0865-67-0011

    電話でお問い合わせ

    9:00−18:00(日、祝日休み)
  • LINEで友達登録
    友達追加で
    かんたん連絡
ご予約/お問い合わせ