窓全開は間違い⁉正しい浴室換気

2020年2月13日

お風呂といえば掃除が大変なのがカビですよね。

正しく換気を行わないとカビの発生の原因になってしまいます。

日頃のお手入れでこんな事していませんか。

  • 入浴後窓を開けて換気扇を回す
  • 浴室の扉を開けて換気扇を回す
  • 換気扇は数時間して止める

よく見られる行為ですが、いずれも効率的に換気する方法としては間違いです。

正しい浴室換気方法は以下の通りです。

〇窓、扉全て閉めて換気扇を回す

換気の基本は部屋全体の空気を回すことが重要になります。窓を開けて換気扇を回すと窓から入った冷気はそのまま換気扇へ流れていきます。浴室全体に空気が行き渡るわけではなく窓周辺の空気しか循環しないため、浴室の換気には非効率です。同様に浴室の扉を開けて換気扇を回すことも、湿った空気が脱衣室に向かって流れてしまい効率的な換気とはいえません。

〇換気扇は基本的に24時間回す

入浴後換気扇を回し数時間して止めてしまうのも、換気扇の効果は半減します。換気扇をつけておくことで、お風呂の中にたまった湿気は外に排気されるためカビが発生しにくくなります。ただし換気扇の効果が発揮されるのは、スイッチを入れて稼働している間のみ。スイッチを切ったとたん、逃した湿気が再びお風呂にとどまってしまいカビの原因になってしまいます。

入浴中以外は換気扇はつけっぱなしにしておきましょう。

でも24時間換気扇を回すと電気代は??気になるところですよね。

実は以外に電気代は高くありません。一日つけっぱなしにしても電気代は一日10円程度。一か月使用しても300円前後なので大きい負担にはなりません。多くのメリットがあると考えると必要な電気代といえるのではないでしょうか。

正しい方法でしっかり換気を行いカビ発生を抑えましょう!!

ちなみに、カビの原因として湿気・湿度・石鹸カスなどがあります。入浴後、浴室全体に熱いシャワーをかけ石鹸カスを洗い流し、次に冷たいシャワーで室内の温度を下げてから換気するとさらに効果的です。日々の小さなことでお風呂掃除の負担が軽くなります。

毎日の習慣にしてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

  • お問い合わせ
  • 資料請求
  • TEL0865-67-0011

    電話でお問い合わせ

    9:00−18:00(日、祝日休み)
  • LINEで友達登録
    友達追加で
    かんたん連絡
ご予約/お問い合わせ