寒さ対策におすすめ!!内窓サッシ「インプラス」

2020年11月13日

11月に入り朝晩ぐっと冷え込んできましたね。

日中は気温も上がり暖かさも残ったりと一日の気温差が激しいこの時期

体調を崩しやすいので注意したいですね・・

さて、今回はこれから冬に向けておすすめ、窓リフォームのおはなしです。

  • 暖房をつけても部屋がなかなか暖まらない
  • 実家の築年数が経っている家!!寒くてなんとかしたい
  • 冬の寝室が寒い
  • 冬場は結露で窓がびしょ濡れ・・毎朝拭くのが大変!!

こんなお困りことありませんか?

それは窓が原因かもしれません。

そこで寒さ対策にリクシルの「インプラス」をご紹介します。

詳細はこちら リクシルHP:

https://www.lixil.co.jp/lineup/window/inplus/

 


インプラスとは??

窓サッシメーカ―LIXILの室内用のリフォーム窓サッシ。

今ある窓はそのままで、窓枠の内側にもう一枚の窓を取付ける樹脂製の内窓です。

二重構造にすることで、既存の窓との間に空気層ができ防音効果や断熱効果を生み出します。


インプラスの特徴

■断熱効果

窓は住まいの中で、最も熱の出入りが大きいところです。

冬場、暖房の熱がどこから外に逃げているか見ると、窓から流失する割合は60%というデータがあります。

夏場に関しては、冷房時に窓から外からの熱気が入ってくる割合は70%です。

それが内窓を設置することで断熱性がアップされ、冬は暖かく、夏涼しい住まいになります。

同時に冷暖房が効きやすくなり省エネ効果もあります!!

毎月の冷暖房費が約1400円節約できるという算出結果もあります。


■防音性アップ

住まい周辺の車の音や音を出す施設など気になったことありませんか?

逆にご近所迷惑になりがちなご家庭の音、ピアノの音など時間帯によって音漏れが心配ですよね。

内窓を取り付けて二重にすることで、気密が高まり防音効果を高めることができます。

■結露を抑え掃除が簡単

室外と室内の温度が大きいとできる結露!

内窓を付けると室内の暖気の流出が減って温度差が少なくなり、結露の発生が抑えられます。

■カラーバリエーシュンも豊富

インプラスは木目色のものもあり、部屋の雰囲気に合わせて枠の色を選ぶことができます。

障子の代わりにデザイン性もプラスされた和紙調ガラスの内窓を入れると、暖かいうえに障子の張替えも不要です。


インプラスは今ある窓にプラスするだけで冬の窓からの冷気を抑えることができます。

大掛かりな工事は不要です。

時間もかからず壁や窓を壊すこともありません。

本格的な寒さが到来する前にお家の環境を整えて、快適におうち時間を過ごしませんか。

お気軽のご相談ください。

  • お問い合わせ
  • 資料請求
  • TEL0865-67-0011

    電話でお問い合わせ

    9:00−18:00(日、祝日、第2・第4土曜日休み)
  • LINEで友達登録
    友達追加で
    かんたん連絡

instagram

ご予約/お問い合わせ